良くあるご質問

よくあるご質問

一般的な歯科関係のご質問

Q.痛みのある治療はしたくないのですが…

A.
状態を見て、治療時に痛みが出そうな場合は、麻酔をご提案します。
麻酔することで、治療時の痛みをおさえることができます。

Q.ホワイトニングってどのような治療ですか?

A.
歯を削ることなく、薬品(過酸化水素、過酸化尿素)で歯質に入り込んだ色素を分解して歯を白くすることです。

Q.ホワイトニングはどんな歯でも白く出来るのでしょうか?

A.
ほとんど白くすることが出来ますが、かぶせ物、詰め物は白くなりません。若年期に薬の副作用で強く変色したものは白くしづらく、加齢に伴う変色はエナメル質、象牙質の崩壊の程度により白く出来ない場合もあります。

Q.ホワイトニングの持続時間は?

A.
メンテナンスにもよりますが、おおよそ2~3年くらいです。ホワイトニング直後は着色しやすいので、カレー、ワイン、紅茶等色素の強い食物は避けてください。

Q.歯のヤニが気になるんですが、どうすれば良いですか?

A.
PMTCを受けてください。歯の表面に付いた着色を綺麗に落とすことができます。又、バイオフィルムを除去することによって、ウ蝕・歯周病の予防に効果的なので、定期的に受けることをお勧めします。

Q.PMTCってなんのことですか。

A.
歯のクリーニングのことです。
個人の歯磨きでは落としきれない汚れなどを、歯科衛生士が特別な機器を使って落とします。
虫歯になる前に、定期的に行うことをおすすめします。
痛みによる自覚症状が出る前の、虫歯の早期発見にもつながります。

Q.PMTCはどれくらいの周期で受ければよいのでしょうか?

A.
1~3ヶ月くらいの周期が良いと思いますが、いろんな要素が入ってきますのでまちまちです。タバコを吸う方、ワインを良く飲む方、歯磨きがうまく出来ない方、歯並びの悪い方、歯科医に受診されて相談の上決定してください。

Q.審美治療を受けたいと思っていますが、どれくらい費用はかかるものですか?

A.
当医院では、患者様の要望を良く聞き、かみ合わせ、歯の状態をよく検査した上で歯科医師、技工士と共にプランを立てまいります。そのプランを患者様に納得していただいた上での治療ですので、安心です。また相談費用は一切いただきません。また、治療させていただいたものには補償もいたします。

Q.オールセラミックの治療はどのような利点があるのでしょうか?

A.
歯というものは透明感があってきれいといえます。今までの治療ですと、金属の上にセラミックを盛っていましたが、これでは透明感は出ません。また歯茎との境には金属色が出てしまいます。オールセラミックにすることにより、透明感のある美しさを半永久的に保つことが出来ます。

Q.ラミネートベニアってなんですか?

A.
歯の表面0.5~0.7ミリほど削り、表面にセラミックなどで作ったものを接着する手法をいいます。隙間の開いた前歯の治療、ホワイトニングでは白く出来ない歯等に適しています。

Q.歯ブラシのとき、痛みはないのですが歯茎から出血します。治療したほうが良いでしょうか?

A.
いろんな理由が考えられますが、歯周病の可能性が高いと思われます。お口の中をよく検査してもらって、納得のいく説明を受けてから治療してもらうのが良いと思います。歯周病は慢性疾患です。一生涯を通しておいしい食事が出来るよう体のことを考えて治療すべきであると考えます。

Q.歯周病は何歳くらいからかかるのですか。

A.
歯が生えている限り、歯周病になるリスクはみなさんあります。
20代前半でもなる人はいます。
血が出る、歯茎が痛む、しみるなどの症状がでたら、早めに受診をしてください。

Q.あごが痛いのですが、診てもらえるのですか。

A.
顎関節症なども診察します。
物理的に、ぶつけて痛むこともあれば、日常の咬み合わせのクセによってあごが痛むこともあります。
後者の場合、根本的なクセを改善するために、マウスピースや矯正治療を行うこともご提案します。

Q.インプラント治療はどうなんでしょうか?

A.
最近はインプラント治療がかなり進んでまいりましたが、しっかりした知識・技術を兼ね備え、衛生面もしっかりしているところをよくお選びになってからお受けすることをお勧めいたします。

診療内容

一般歯科

審美歯科

予防歯科

インプラント

矯正

かみ合わせ

入れ歯

いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)

交通・アクセス

診察カレンダー

  • オンライン予約
  • お問い合せフォーム

初回カウンセリング

採用情報

採用情報