セラミックインレー・ハイブリッドインレー

セラミックインレー・ハイブリッドインレー

インレーとは虫歯を削る際に、穴を掘るように削ってそこに詰め物をする治療方法です。

白い素材を詰める、セラミックインレーやハイブリッドインレーは、「銀の詰め物を入れるのは審美的に嫌だ」「銀歯の詰め物を白いものにしたい」という患者さんに適しています。

インレーとクラウンの違い

虫歯が比較的小さく、咬頭(噛み合わせをする歯の先頭部)を残せる場合は、インレーを行います。

虫歯が大きく、削る面積も大きくて咬頭を残すことができない場合は、「クラウン」というセラミックの被せものをします。
被せものによって、歯全体の形を変えることができるのでクラウンは歯並びの矯正をしたい時にも行われます。

治療時間は、歯を削る量が少ないのでインレーの方が短くなります。

セラミックインレー

削った歯に、セラミックでできた詰め物を入れることをセラミックインレーといいます。

セラミックは硬くて色が白く、審美的に美しいという特徴があります。また表面に歯垢がつきづらく、変色しにくいというメリットがあります。

ハイブリッドインレー

削った歯に、ハイブリッドと呼ばれる素材を詰めることをハイブリッドインレーといいます。

ハイブリッドは、セラミックよりは柔らかく、天然歯の噛み心地に近いと言われています。割れづらいので、力のかかる奥歯に適しています。

またハイブリッドは、症例によっては口内で紫外線を照射して固めることができます。
その際は、型をとって詰め物を作る必要がなく、噛み合わせの調整も容易になるので、短時間低コストでの治療が可能です。

インレーで使用する接着剤

セラミックやハイブリッドは、銀の詰め物に比べて透過性があります。
そのため、歯と詰め物の固定に使用する接着剤の色が透けてしまいます。

ミューズ・デンタルクリニックでは、各色の接着剤を取りそろえており、患者さんの歯の色にあわせた色の接着剤を使用します。

  • オンライン予約
  • お問い合せフォーム

診療内容

交通・アクセス

診察カレンダー

モバイルサイトはこちらから⇒http://m.musedental.jp/

ミューズデンタルブログ

院長メッセージ

対談!インプラントとCT

採用情報