セラミックラミネートべニア

セラミックラミネートベニア

自然で美しい輝きを短期間で

歯の表面を薄く削り、その部分にネイルチップのような薄い歯を貼り付けます。
貼り付ける歯はセラミックでできているので、変色しません。
生まれつき色が濃い歯でも白くできますし、多少であれば、すきっ歯など形の修正もできます。
矯正に比べると短期間で白く輝く美しい歯を手に入れることができますが、 一度貼ると外せませんので、他の治療法と合わせて十分に検討しましょう。

症例1

施術前

施術前

施術後

施術後

症例2

施術前

施術前

A
前歯はすきっ歯の状態ですが、奥歯のかみ合わせはしっかりしている。

この方はすきっ歯の患者さんです。
先天的なすきっ歯なので、今後歯が抜けるなどの変化がない限り、将来的に歯の位置が動くなどのリスクは考えられない状態でした。

また、奥歯の噛み合わせがしっかりしているので、矯正などの治療よりも、隙間をなくすためのセラミックラミネートべニアが適していると診断しました。

施術後

施術後

奥歯の噛み合わせがしっかりしていたので、上の前歯4本に、白い薄い歯を貼り付けるラミネートべニアの治療をしました。

症例3

施術前

施術前

A
上唇小帯
B
上唇小帯が長いため、前歯の真ん中が空いてしまっている。

この方は先天的に上唇小帯が長く、前歯の真ん中が空いてしまう、上唇小帯上位付着の患者さんです。

施術後

施術後

セラミックラミネートべニアをした歯は上の前歯2本です。隙間を埋めるために、前の歯にセラミックラミネートべニアをすると、歯が大きくなります。

そのため、立て横の比率を歯の模型を作り、シュミレーションをし、仕上がりのイメージを確認してから治療にあたります。

  • オンライン予約
  • お問い合せフォーム

診療内容

交通・アクセス

診察カレンダー

モバイルサイトはこちらから⇒http://m.musedental.jp/

ミューズデンタルブログ

院長メッセージ

対談!インプラントとCT

採用情報