審美治療

審美歯科

審美歯科とは?

審美歯科では、歯を健康にする従来の治療に加えて、美しい歯を作るための審美治療を行います。
美しい歯を手に入れると、笑顔が変わります。みなさん、治療後には笑顔が増えて、明るい表情になって帰っていきます。
その笑顔を見るのが、私たちの一番の喜びです。
「美しい」と思う感覚は人それぞれです。
教養、人生観、世界観、その人が他人にどのように見られることを望むか、などによっても左右されます。
当医院では、患者様が望まれる「審美」のイメージを、歯科医・衛生士と一緒によく話し合い、患者様のご要望に応えられるよう治療してまいります。

審美歯科対談

審美歯科対談

審美歯科について、美容ライター 佐々木月子さんとの対談を行いました。歯を美しく保つための秘訣を始め、インプラントのメリットや注意点なども。ぜひご一読ください。

審美歯科対談へ

セラミッククラウン

セラミッククラウン

セラミッククラウンとは、歯の表面を削り、そこにセラミックで出来た被せ物をする治療の一つです。
セラミックは素材が白く、透明感も高いため、天然の歯と何の遜色もありません。また、歯垢(プラーク)が付きにくいのが特徴です。

症例1

施術前

施術前

施術後

施術後

症例2

施術前

施術前

A
上の歯全てブリッジ治療がされていて、全ての歯がつながっている状態。
B
金属の上にプラスチックの歯がかぶっていたものが、噛むにより割れてしまい、金属がむき出しに。

他の歯科医院で治療をされていて、この歯の状態で当院に来院された70代の患者さんです。
上の歯は全て被せ物がしてありました。
右の奥歯の目立つ金属は、もともとは金属の上に白いプラスチックの被せ物をされていましたが、噛む力によって割れてしまい、下の金属部分がむき出しになっていました。

レントゲンなどの診断の結果、歯の根の治療もする必要があることがわかりました。

施術後

施術後

C
上の歯全てをセラミッククラウンを被せたブリッジ治療をしました。歯根治療も行い歯茎もきれいに。

歯の根の治療をし、上の歯全てにセラミッククラウンを被せてあります。
当院で治療する前に上の歯全ての歯がつながっているブリッジの治療をしてありましたので、インプラントの治療をするという選択もありましたが、患者さんの希望でインプラントではなく、ブリッジでの治療をしました。

治療後は上の歯の見た目だけでなく、歯根の治療もしたので、歯茎も健康的で、きれいになっています。

症例3

施術前

施術前

A
前歯が出て隣の歯と段差がある。
B
前歯が出ているため、歯茎のラインが合っていません。
C
この歯並びのままだと、前歯2本が前にでてきてしまうことが予想されます。

こちらの患者さんは、上の2本の歯の段差と、前に出てきている歯の歯茎のラインが隣の歯のラインに比べあがっている点が気になり来院されました。

治療をせずにいたら、将来的に下の2本の歯も上の歯と噛み合わさっていないために、前に出てきてしまい、歯並びが悪くなってしまうことが予想されます。

施術後

施術後

D
歯を小さく削り、セラミッククラウンを被せました。
E
歯の段差をなくしたことで、歯茎のラインもきれいに。
F
内側に矯正してセラミッククラウンを被せました。
G
横の歯と段差をなくし、セラミッククラウンを被せました。

セラミッククラウンを被せた歯は4本です。中央の前歯の両隣の歯を小さくして、前に出ていた歯を内側に矯正し、右前歯は隣との段差がなくなるように揃えてセラミッククラウンを被せてあります。

歯並びの見た目だけでなく、前歯の歯茎のラインもきれいにそろうように治療をしています。
4本の歯のみの治療ですが、施術後は歯全体の噛み合わせもしっかりと合っています。

セラミックインレー・ハイブリッドインレー

インレー

インレーとは虫歯を削る際に、穴を掘るように削ってそこに詰め物をする治療方法です。

金属などの詰め物(インレー)ではなく、白いセラミックやハイブリッドを使用することで、審美的に美しく仕上がります。

白い素材を詰める、セラミックインレーやハイブリッドインレーは、「銀の詰め物を入れるのは審美的に嫌だ」「銀歯の詰め物を白いものにしたい」という患者さんに適しています。

 

インレーとクラウンの違い

虫歯が比較的小さく、咬頭(噛み合わせをする歯の先頭部)を残せる場合は、インレーを行います。

虫歯が大きく、削る面積も大きくて咬頭を残すことができない場合は、「クラウン」というセラミックの被せものをします。
被せものによって、歯全体の形を変えることができるのでクラウンは歯並びの矯正をしたい時にも行われます。

治療時間は、歯を削る量が少ないのでインレーの方が短くなります。

セラミックインレー

削った歯に、セラミックでできた詰め物を入れることをセラミックインレーといいます。

セラミックは硬くて色が白く、審美的に美しいという特徴があります。また表面に歯垢がつきづらく、変色しにくいというメリットがあります。

ハイブリッドインレー

削った歯に、ハイブリッドと呼ばれる素材を詰めることをハイブリッドインレーといいます。

ハイブリッドは、セラミックよりは柔らかく、天然歯の噛み心地に近いと言われています。割れづらいので、力のかかる奥歯に適しています。

またハイブリッドは、症例によっては口内で紫外線を照射して固めることができます。
その際は、型をとって詰め物を作る必要がなく、噛み合わせの調整も容易になるので、短時間低コストでの治療が可能です。

インレーで使用する接着剤

セラミックやハイブリッドは、銀の詰め物に比べて透過性があります。
そのため、歯と詰め物の固定に使用する接着剤の色が透けてしまいます。

ミューズ・デンタルクリニックでは、各色の接着剤を取りそろえており、患者さんの歯の色にあわせた色の接着剤を使用します。

セラミックラミネートベニア

セラミックラミネートべニアは、歯の表面を削り、その部分にセラミック製のネイルチップのような薄い歯を貼り付ける治療です。
セラミックで出来ているので、変色することがありません。

自然で美しい輝きを短期間で

歯の表面を薄く削り、その部分にネイルチップのような薄い歯を貼り付けます。
貼り付ける歯はセラミックでできているので、変色しません。
生まれつき色が濃い歯でも白くできますし、多少であれば、すきっ歯など形の修正もできます。
矯正に比べると短期間で白く輝く美しい歯を手に入れることができますが、 一度貼ると外せませんので、他の治療法と合わせて十分に検討しましょう。

症例1

施術前

施術前

施術後

施術後

症例2

施術前

施術前

A
前歯はすきっ歯の状態ですが、奥歯のかみ合わせはしっかりしている。

この方はすきっ歯の患者さんです。
先天的なすきっ歯なので、今後歯が抜けるなどの変化がない限り、将来的に歯の位置が動くなどのリスクは考えられない状態でした。

また、奥歯の噛み合わせがしっかりしているので、矯正などの治療よりも、隙間をなくすためのセラミックラミネートべニアが適していると診断しました。

施術後

施術後

奥歯の噛み合わせがしっかりしていたので、上の前歯4本に、白い薄い歯を貼り付けるラミネートべニアの治療をしました。

症例3

施術前

施術前

A
上唇小帯
B
上唇小帯が長いため、前歯の真ん中が空いてしまっている。

この方は先天的に上唇小帯が長く、前歯の真ん中が空いてしまう、上唇小帯上位付着の患者さんです。

施術後

施術後

セラミックラミネートべニアをした歯は上の前歯2本です。隙間を埋めるために、前の歯にセラミックラミネートべニアをすると、歯が大きくなります。

そのため、立て横の比率を歯の模型を作り、シュミレーションをし、仕上がりのイメージを確認してから治療にあたります。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは、特殊なプラスチックをセラミックに混ぜた、ハイブリッドセラミックを直接(ダイレクト)くっつけ(ボンディング)、歯の色と形を整える治療です。

直接(ダイレクト)くっつけ(ボンディング)、美しい歯を作る

ハイブリッドセラミック(特殊なプラスチックにセラミックを混ぜたもの)を直接、歯に塗り、歯の色と形を整えます。
状態によっては、歯を削らずに行えます。
すきっ歯を治すことができ、歯と歯の間に虫歯ができてしまったあとにも有効です。
色がたくさんあることと、費用が安いことが利点ですが、時間が経つと変色してしまいます。

症例1

施術前

施術前

施術後

施術後

症例2

施術前

施術前

噛み合わせなどはしっかりしていますが、上の前の歯がすきっ歯になっている患者さんです。

施術後

施術後

噛み合わせもしっかりしていて、前のすきっ歯以外問題はなかったので、ハイブリッドセラミックを歯に塗り隙間を埋め、形を整えました。

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯を削らずに、歯のエナメル質、象牙質に入り込んだ色素を分解し歯を漂白する治療です。
輝く白い歯は、笑顔を美しくし、明るく爽やかな印象を与えます。
思い出に残る結婚式のために、ブライダルホワイトにングも行っております。

ホワイトニングで輝く白い歯を

欧米人にとって白い歯は知性の象徴であり、大切な身だしなみの一部となっています。
特に先進国アメリカでは、相手に好印象を与える「美しい笑顔」が、ビジネスを成功させる要素のひとつと言われています。

そんなアメリカで開発されたホワイトニング。歯を削らずに、 歯のエナメル質、象牙質に入り込んだ色素を分解し白くします。
最近は、日本やアジアの国々でも普及しつつあります。

当医院では、アメリカの最新システムを導入し、正確に安全かつ効率良いホワイトニングを行っています。
痛みはありませんのでご安心ください。
輝く白い歯は、笑顔を美しくし、明るく爽やかな印象を与えます。

思い出に残る結婚式のために、ブライダルホワイトニングもあります。

症例1

施術前

施術前

日常生活でついてしまった黄ばみが気になり来院された患者さんです。

施術後

施術後

ホワイトニングは薬剤を歯の表面に塗って漂泊します。

とても強い薬剤なので、まず歯肉保護剤を歯茎に塗って保護し、その後ホワイトニング剤を塗り、紫外線をあてて歯を白くしていきます。
時間は1時間から1時間半くらいで終わります。

日常生活をしていると歯が黄ばむのは避けられません。
そのため、1年に1回など定期的にホワイトニングされる方もいます。

診療内容

一般歯科

審美歯科

予防歯科

インプラント

矯正

かみ合わせ

入れ歯

いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)

交通・アクセス

診察カレンダー

  • オンライン予約
  • お問い合せフォーム

初回カウンセリング

採用情報

採用情報