インプラント

インプラント

インプラント

インプラントとは、人工の歯根をアゴの骨に差し込み、その上に人工の歯を取り付けるという治療法です。
見た目も、噛み心地も天然の歯に近いため、人気があります。

インプラント治療特設サイト

ブリッジとの違い

ブリッジの場合は両隣の歯を削ります。
すると、残された2本の歯で、3本の噛む力を負担することになるので、歯の寿命が短くなってしまいます。
インプラントなら、両隣の歯への影響が少なくてすみます。

入れ歯との違い

入れ歯の場合は噛む力が4分の1になるので、固い物を噛みづらくなります。
入れ歯の異物感が気になるという方もいらっしゃいます。
また、どうしても多少は動くので、入れ歯と歯ぐきの間に物が挟まってしまいます。
その点、インプラントは装着感が自然で、自分の歯と同じようにお使いいただけます。

インプラントが向かないケース

どなたにでもインプラントが適しているわけではありません。
虫歯が進行しすぎてから歯を抜いた場合、あごの骨もダメになっている場合があります。
あごの骨がなければ、インプラントはできません。
状態によっては、骨を作る作業を行うこともあります。

インプラントはご自身の歯以上にメンテナンスが必要です。
歯磨きをきちんとしないと、インプラント自体がダメになり、抜けてしまいます。
もう一度インプラントをするためには、アゴの骨に前回よりも大きな穴をあけなくてはいけません。
患者様には、インプラントを入れたら入れっぱなしではなく、きちんと歯磨きすることを約束していただいています。

CT装置を設置しています

CT装置を設置しています

インプラント骨が足りない方でも、ある程度なら、骨を増やしてインプラントを入れる方法もあります。
GBR(骨再生誘導法)の様に、骨が足りない部分にたんぱく質でできた骨補填剤を入れ、骨を作る方法、 エムドゲインというゲル材料を使い骨を再生する方法などが挙げられます。
「骨がある。ない」というのは、CT装置で測定します。
3Dの立体画像で、左右、奥行き、360度すべてを見られます。
手前の骨が足りないのか、奥側の骨が足りないのか、実物を見るようにはっきり分かります。
レントゲンとは違い、立体的でいろいろな角度から自分の歯や骨の状態がわかります。
人の骨はまっすぐ平らではなく、傾いていたり、でこぼこしていたり、 途中が薄くなっていたり、複雑です。
もし、骨が斜めになっていたら、インプラントもそれに合わせて入れなくてはいけませんが、 それが分からずにインプラントを打つと、骨から突き抜けたり、 骨によけいな穴をあけてしまったり、事故を起こす可能性があります。

インプラントの費用について

インプラントは自由診療のため、医院によって治療費が違います。
関東では、1本40万円程度が平均だと言われています。
当医院では1本30万円でインプラントを行っているため、安さを理由に遠方から通ってこられる患者様もいらっしゃいます。
しかし、インプラントは高度な技術が必要な治療です。
金額よりも、技術力で医院を選んでください。

当医院では十分なインフォームドコンセントを行い、治療法と技術にご納得いただいた上で、患者様に選んでいただきたいと思っています。

インプラントの治療費や通院のための交通費は医療費控除の対象になりますので、確定申告によって所得税の還付金が受け取れる場合もあります。

  • オンライン予約
  • お問い合せフォーム

診療内容

交通・アクセス

診察カレンダー

モバイルサイトはこちらから⇒http://m.musedental.jp/

ミューズデンタルブログ

院長メッセージ

対談!インプラントとCT

採用情報