歯周病

歯周病

歯周病も、虫歯と同様に細菌を含んだ歯垢(プラーク)が固まった歯石が原因でおこります。
歯周病は歯肉(歯茎)が腫れたり、出血、痛みを感じ、最終的に歯が抜けてしまうこともある病気です。

細菌が引き起こす病気とはいえ、根本的な原因は人それぞれです。
歯石もたまりやすい歯の人と、付きにくい人がいます。
また歯並びが悪いために歯のすきまに汚れがたまり、うまく歯磨きで汚れが取り除けない人。
また、免疫力が低いために細菌に感染しやすく、歯周病になる人もいます。
単に歯石からくる細菌の問題だけでなく、歯並び、噛み合わせが悪く、歯が倒れていたり、もともと向きがおかしい歯に噛む力が強くかかると、さらに倒れ、骨にまで負担がかかり、骨が溶けて歯周病になることもあります。
この場合は歯石を取り除いても治りません。

歯周病の原因は人それぞれですが、歯周病の根本的な原因が歯石が付きやすいことなのか、歯並び が原因なのか、もしくは歯の向きや噛み合わせが問題なのか適切な診断がなされないままに治療した場合、その後きちんと歯ブラシをしても、根本的な原因が解決されていないため、また歯周病になる可能性も高いのです。
当院では将来的にも歯周病にならないために、歯周病になった原因の診断を適切に行い、治療をしております。

歯周病は歯が抜けたり、糖尿病など全身疾患の原因になることもある怖い病気です。
早期治療を行うためにも、歯茎が腫れる、歯ブラシの際に出血がある、水を飲む際に歯がしみるなどの歯周病の初期症状がある場合はすぐに歯科医院の受診をお勧めします。

  • オンライン予約
  • お問い合せフォーム

診療内容

交通・アクセス

診察カレンダー

モバイルサイトはこちらから⇒http://m.musedental.jp/

ミューズデンタルブログ

院長メッセージ

対談!インプラントとCT

採用情報