噛み合わせ治療

かみ合わせ

かみ合わせが悪くなるのは、なぜ?

かみ合わせとは、歯1本と1本の位置関係のことです。上下、左右、前後の位置関係が崩れると、かみ合わせが悪くなります。

かみ合わせが悪くなる原因は、いくつかあります。たとえば、歯が痛くなると、他の場所でかむようになり、あごの位置が狂ってしまいます。そして、あごに合わせて歯の位置も変わり、かみ合わせが悪くなるのです。

そのほか、ほおづえや指しゃぶりも、かみ合わせを悪くする原因になります。

かみ合わせが悪いと、頭痛や肩こりなど全身に影響

かみ合わせは、歯だけの問題ではありません。
頭痛や肩こり、血圧異常など、不定愁訴を引き起こす原因となる場合があります。歯やあごのバランスの崩れが、体のバランスを崩すことになるのです。

また、かみ合わせの悪化は、運動能力の低下につながります。
スポーツ選手には、歯がきれいな人が多いと思いませんか? 実は、奥歯のかみ合わせが悪いと力が入らなくなるため、子どものころから矯正しているケースが多いのだそうです。

かみ合わせが悪く、あごに負担をかけ続けると、顎関節症になる恐れもありますので、早めの治療が肝心です。

かみ合わせの悪化に気づくのは、あごや首の痛みから

かみ合わせの変化は無自覚に進行し、あごや首が痛くなって気づくケースが多いです。

奥歯のかみ合わせが悪くなると、食べ物をかみにくくなります。すると人は無意識に、あごの位置を後ろに移動させて、かめる状態をつくります。その状態が続くと、あごを後ろにひっぱる筋肉が働きっぱなしになり、筋肉があるあごの下から首のあたりが痛くなるのです。

そのほか、歯と歯の間がかゆい、急に物がつまるようになった、あごを動かすとカクンと音がする、などといったことがあれば、歯科でかみ合わせの検査をしてください。

かみ合わせを治すには?

一見、きれいに歯が並んでいるように見えるけれど、実は筋肉に負担がかかっている、という場合もあります。
当医院では、「筋肉位」という筋肉のバランスがとれるあごの位置を探し、歯とあごに無理のない、自然なかみ合わせを作ります。

具体的には、マウスピースを使ったり、歯列矯正やあご矯正(矯正であごの位置を治す)を行ったり、歯を削ったり足したりといった治療を、症状に合わせて行います。

自宅できる「簡単チェック」と「あごストレッチ」で楽になる

自分で簡単に、かみ合わせをチェックする方法があります。

まずは鏡を見て、口をゆっくり大きく開けてください。このとき、まっすぐ開かない、または左右にぶれながら動くようであれば、かみ合わせがずれています。
続けて、歯どうしが触れないように口を閉じ、また大きく開けて、という動作を10回くり返してください。だんだん、右と左の筋肉が同じ動きをするようになってきます。
最後に、口を自然に閉じた位置でかみましょう。これが、あなたのナチュラルなあごの位置です。

この「ゆっくり開けて、閉じて」という動きは、いつも縮んでばかりの筋肉を伸ばし、楽にする効果があります。歯やあごにいいストレッチですから、ふだんの生活に取り入れてみてください。軽いかみ合わせのズレなら、このストレッチで治ってしまう場合もあります。
ただし、痛みがあったり、おかしいなと思うときには、必ず医師に相談してください。

  • オンライン予約
  • お問い合せフォーム

診療内容

交通・アクセス

診察カレンダー

モバイルサイトはこちらから⇒http://m.musedental.jp/

ミューズデンタルブログ

院長メッセージ

対談!インプラントとCT

採用情報