当院の治療の特長

当院の治療の特長

その治療は、患者にとって本当に良いのか

インタビュアー
ミューズデンタルクリニックの治療の基本的な考え方を教えてください。

金院長
最近は、歯科医の役割が変わってきています。かつては、虫歯の治療など、単に痛みをとることが歯医者に通う主な理由でしたが、いまは、歯を美しくすることや歯の健康を維持することを目的に通院される方が増えています。いまだけではなく将来も歯が良い状態であることを重視しているのでしょう。

当院でも、「10年後、歯がベストな状態になっているか」を第一に考えて治療にあたります。患者様によっては「いま美しくあればいい」という方もいますが、「いま」を優先するという決断が10年後にその方に幸せをもたらさないこともあります。

例えば、わかりやすいのがインプラントの治療です。インプラントとは、人工の歯根をアゴの骨に差し込み、その上に人工の歯を取り付けるという治療法のこと。硬いものが噛めるようになり、自分の歯と変わらない使用感なので希望される方も多い治療です。

最近は、審美や健康のためにと選択される方も増えており、当院でも対応しておりますが、どなたにもおすすめしてはいません。アゴの骨が小さい、人口の骨が合わなそう、という理由から治療をおすすめしない場合もあります。また、かみ合わせなどで日々口の中の状態は変わるので、短期的には良くなったように見えても、長期的に維持できない方もいます。

「美しくなりたいのでどうしてもやってほしい」とお願いされることもありますが、その患者様に施術した場合に、10年後に口の中の良い状態が保てない、と考えられる場合には、お断りし、別の治療をすすめすることもあります。長い目で見て、その患者様に適切な治療かを施すことが歯科医の大切な役割なのです。

院長 金圭一

インタビュアー
歯の治療技術は日々進化していますが、新たな技術を取り入れればよいというわけではない、ということですね。

金院長
そのとおりです。歯の治療は、技術がますます進化してきていて、歯科医にできることも増えてきました。ところが、選択肢が増えた反面、「どう治療するか」を決めることが難しくもなってきています。なんでもかんでも最新技術で歯を人工的にいじればよい、というわけではありません。

かつて、歯科医として駆け出しの頃は、お願いされればたいていの治療は行いましたが、治療をするべきかどうか、正しい判断が最初からできたわけではありません。治療を終えた後になって「ここまではやらない方がよかったのでは…」と後悔したこともありました。そのような失敗も踏まえて、歯科医として20年以上の実績を積んだいま、治療するべきかどうかを正しく見極めることができるようになりました。

未来の状態を共有し、治療を一緒に考える

インタビュアー
患者様との話し合いをしっかりする、ということですが、具体的にどのように行っていますか?

金院長
治療計画のもとになる「カウンセリング」に時間をかけています。当院では、平均30分から1時間ほど時間をかけて行います。痛みなどの症状があって来院した患者様には、まずは「どうしてほしいのか」というご意向をお聞きし、予防治療や審美を目的に訪れた患者様には「どうなりたいか」をお聞きします。

そして、いずれの場合にも「どうしてそうなったのか」を確認するために口の中の状態を診察します。より詳しい状態を確認するためにCT画像(X線を使って身体の断面を撮影する検査。3Dの立体画像で、左右、奥行き、360度すべてを見られる)をとったり、歯の型をとって模型を作ったりし、歯茎の状態、口の中のデータを収集します。痛みのなどのある「部分」だけではなく、「全体」を視野に入れた治療を考えるため、積極的に模型をとって把握することにつとめます。

患者様のご要望そのままに治療をするのではなく、5年後、10年後の未来のイメージを患者様と共有しながら、十分な時間をかけて話し合い、今できる最善の治療方法を一緒に考えるようにしています。

カウンセリングの様子

CT画像

インタビュアー
カウンセリングに時間をかけ、CTを使ってていねいに説明することは、患者様側にもわかりやすく安心ですね。しかし、そのぶん歯科医院側にとってはコストの負担も大きくなります。他の歯科医院でも同じように対応しているのでしょうか?

金院長
「10年後の歯の状態を考える」という前提に立つと、やり方も設備も他の医院とは異なる点が出てくるでしょう。長期的な目線で構造的に対処するためには、歯だけでなく、口の中の複雑な構造について触れる必要ありますからCTも模型も必要になります。説明も増えるのでそのぶん患者様一人一人にかける時間も増えます。

しかし、「対症療法」ではなく、「根本的な取り組み」をすることが、当院の特長です。全体的、長期的な視点でしっかりと対応することで、患者様の理解も深まり、信頼関係が築けるようにもなります。

歯の一生に寄り添う、かかりつけ医に

インタビュアー
信頼関係を築いて、患者様が、いわゆる「常連」になるほど、医師側も最小限のコストで最大のパフォーマンスを生み出せるようになりそうですね。

金院長
そのとおりです。初診では時間をかけて口の中を見たり、ヒアリングしたりしますが、長いお付き合いになると、データも蓄積され、時間的な経過でどうなるか、先の予測もついてきます。また、その方のクセもわかるし、世間話から生活習慣や考え方などいろいろ見えてきます。

ちなみに、いま最も長いお付き合いの患者様は94歳。私が別の場所で病院を開業していた頃から、現在の場所に移設した後も、変わらずに通ってくださっています。その後、その患者様のご家族にまで診察の輪が広がり、とてもよいお付き合いをさせていただいています。長いお付き合いができるようになると、患者様も説明の手間が省けてラクになるし、歯科医院としての効率化も図れます。でも、実はそういうことだけではなくて、長期的な関係が築けることは、やはり人として嬉しいものです。

歯科医のやりがいとは、本質的には、医師としても、人としても信頼していただき、それに応えるということだと感じます。

インタビュアー
歯医者さんが自分の性格やクセも知りつつ歯の状況をも把握してくれるというのはとても安心なことです。美容院とか、行きつけの飲み屋などに通うときの気持ちと本質的には同じかもしれませんね。

金院長
確かに「人と人との信頼関係の上で、長期的なお付き合いをする」という点は共通しているのかもしれません。長いお付き合いになると、相手の気持ちもわかりやすくなりますし、気軽になんでも話せる関係になります。

例えば、「歯の痛み」で来院していた方が、ホワイトニングなどの「きれいになりたい」という審美の相談をされるケースがあります。一般的に、審美はまだまだ心理的な抵抗がある、敷居が高い、と感じる方も多いようですが、「かかりつけ医」として長いお付き合いがあると、患者様も相談しやすいようなのです。ですから、信頼関係はとても大切ですね。

歯の総合的なカウンセラーとして、相談しやすい関係を築いて、一生を通じて患者様の歯にまつわる生活の質を高めていくお手伝いができたらと思います。

健康、美の両面から、前向きに生きることを支えたい

インタビュアー
昨今、技術進化や歯を取り巻く環境も大きく変化する中で、ミューズデンタルクリニックの役割がどのように変わると考えていますか?

金院長
虫歯の治療だろうと審美のご相談であろうと「その方を前向きにする後押し」をしたい、と考えています。

かつて、当院に歯が虫歯でボロボロになっている患者様が通っていたことがあります。いつもうつむきがちで、まともに話もしてくれない、そんな方でした。しかし、歯の治療が終わり、見た目もきれいになると、今までの性格が一変したかのようにパッと明るくなった、という出来事がありました。「歯がこんなにも人の気持ちを変えるとは…」と驚きましたが、同時にとても嬉しかったですね。

人生を前向きにすることが歯医者の本質的な役割

最近では、日本人のデンタルIQ(歯に対する意識のこと)が上がり、「虫歯だらけ」という人はほとんどいなくなりました。そのぶん、歯のホワイトニングなど審美歯科医の役割はかなり広がっていますし、予防治療も一般的になってきました。「マイナスをゼロにする」というよりは「マイナスにならないように維持する」ということが歯科医として期待されてくるのだろうと思います。

ミューズデンタルクリニックとしても、予防治療や審美に軸を移しながら、総合的なサービスを提供していきます。歯の「かかりつけ医」として患者様としっかり向き合いながら、10年、20年と長く頼りにしていただける存在でありたいと考えています。

診療内容

一般歯科

審美歯科

予防歯科

インプラント

矯正

かみ合わせ

入れ歯

いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)

交通・アクセス

診察カレンダー

  • オンライン予約
  • お問い合せフォーム

初回カウンセリング

採用情報

採用情報